アソシエイトとは?

コンサルタントとして立ち上がるための仕事術

第3講 5Wを極めよ

戦略コンサルティングファームのアソシエイトの正しいワークスタイルとは?

 

新卒でアソシエイトとしてBCGに入社し、コンサルタントとして6年間戦った ”ファンタジスタ品川さん”*に、コンサルタントに昇格するまでの正しい仕事術をご紹介いただきました。

*ファンタジスタ品川さん: 海外大学から、新卒BCG入社の素敵女子。その後、6年BCGで戦い、突如、医者の道に。海外大学で専攻していたのは「生化学」。「え?理系なの?」という空気が充満しております。

”ファンタジスタ品川” さんがよくわかるQAはこちら。

 

アソシエイトの仕事は、プロジェクト実行において、ほぼ大半の作業を占め、地味で大変な作業が多いように見えますが、コンサルタントとしての「基礎」が出来上がる大切な時期です。

 

ここでは、アソシエイトとして過ごす、コンサルタントに昇格するまでの大切な時期の「仕事術」を読み進めるごとにレベルが上がっていくよう、全20回に亘ってご紹介いただきました。

※ 考えるエンジン講座代表タカマツとの対談形式での解説動画もありますので、併せてご覧ください。

 

今回は「第3講 5Wを極めよ」です。

外資系コンサルにアソシエイトとして入社したのに、ただの「調べ物屋」「作業屋」になっていませんか?

「作業屋」から脱却できるコツをご紹介いただきました。


第3講 5Wを極めよ

ある程度、あなたは効率よく情報収集が出来るようになってきた。「これ調べてきて〜」と言われたら、指定の時間までに調べたものを持ってこられている、、、はず。なのに、何かパッとしない。ただの調べ物屋さんになっている気がする。そう、つい先日も「アジア諸国における白物家電の発展率、調べてきて」と言われ、ある程度白物家電を絞ってもらうよう誘導してから、普及率のデータを作成して見せてみたけど、「うん、こうなってるかー。予想通りだな。じゃあ次はGDP別に区切ってみてくれる?」 うむ。言われたことをきちんとこなして、次の仕事をもらう。いいサイクルが出来てきているな!

 

こんな風に考えたあなた。いますぐオフィスの屋上へと向かい、コンサルファームに行こうと思ったあの日の初心を150回空に向かって叫ぶがいい。作業屋になりたいのだったら、コンサルファームでの仕事は苦痛でしかないだろう。 では、どうしたら作業屋にならずにすむのか。

 

答えは”WHY?”である。ひたすら「なぜ?」を考えるのだ。

 

アジア諸国における白物家電の発展率、調べてきて
なぜ?国別で白物家電の販売計画を立てたいから?
もしそうなら、今売上が伸びている家電が分かれば、次に人気が出る家電は予測できる?

 

冷蔵庫が伸びている国群と、洗濯機が伸びている国群がある
なぜ?この差はどこで産まれるのか?国の裕福さで決まるのか?
だとしたらGDP別で相関があるのか?もしくは一人あたりGDPで相関があるのか?

 

一人あたりGDPが低い国では冷蔵庫、ある程度の高さがある国では洗濯機、さらに高い国ではスマホが伸びていたが、そこそこの高さですべてが伸びている国群もあった
なぜ?特徴が出ない国は、都市毎に貧富の差があるから?
文化的に買い替え頻度が激しいから?

 

冷蔵庫、洗濯機の普及率が低い地域での白物家電メーカーの成長率はあまり高くなかった
なぜ?メーカー販売のものではなく、中古品を買っているから?
流通網が発達していないから?

 

そんな中、じわじわと成長率を上げているメーカーもあった
なぜ?安価な製品ラインナップを揃えているから?
中古品を取り扱っているから?独自の流通網を築いているから?

 

と、最初にでたお題をベースに、「なぜ」を5回繰り返すだけで、ものすごく思考が深まるのがお分かりいただけるだろう。

 

言われた作業を一つ一つこなすだけでは、思考はいつまでたっても浅い。あなたの上司は、上記の様な思考を常に繰り返している。その中の一部を切り取ってあなたに作業として渡しているのだ。あなたは自分自身がデータをいじることで、一番にデータを見ることが出来るのだ。データが出来たら一旦エクセルから目を離して(なんならデータを印刷してもいいだろう)なぜ?を考える。そうすると追加で調べたいことが出てくるだろう。追加で調べたら、またなぜ?を考える。 このように何度も思考を繰り返すことで、あなたは上司とディスカッション出来る体になっている!

 

そうやり始めたけど、なかなかうまくいかない?なぜ?と思って調べたことが的外れだった??

 

それはあなたがケースの論点からズレ、自分が興味のあるところばかりを追いかけてしまった結果だ。だが、「なぜ?」を繰り返すことをやめることなかれ。思考を繰り返し、上司と議論をしようと積み重ねるうち、だんだん論点に焦点があってくる。上司の聞きたいことがわかってくる。 5回WHY?を繰り返すのになれないうちは、3回でいい。なぜ?を考えるのはコンサルタントとしてのキモ中のキモである。

 

まず考えることから始めよ。


第3講 5Wを極めよ 解説動画

 

次の「仕事術」はこちら

 

第4講 足を使うことを極めよ >>