アソシエイトとは?

コンサルタントとして立ち上がるための仕事術

第6講 エクセル、パワーポイントを極めよ

戦略コンサルティングファームのアソシエイトの正しいワークスタイルとは?

 

新卒でアソシエイトとしてBCGに入社し、コンサルタントとして6年間戦った ”ファンタジスタ品川さん”*に、コンサルタントに昇格するまでの正しい仕事術をご紹介いただきました。

*ファンタジスタ品川さん: 海外大学から、新卒BCG入社の素敵女子。その後、6年BCGで戦い、突如、医者の道に。海外大学で専攻していたのは「生化学」。「え?理系なの?」という空気が充満しております。

”ファンタジスタ品川” さんがよくわかるQAはこちら。

 

アソシエイトの仕事は、プロジェクト実行において、ほぼ大半の作業を占め、地味で大変な作業が多いように見えますが、コンサルタントとしての「基礎」が出来上がる大切な時期です。

 

ここでは、アソシエイトとして過ごす、コンサルタントに昇格するまでの大切な時期の「仕事術」を読み進めるごとにレベルが上がっていくよう、全20回に亘ってご紹介いただきました。

※ 考えるエンジン講座代表タカマツとの対談形式での解説動画もありますので、併せてご覧ください。

 

今回は「第6講 エクセル、パワーポイントを極めよ」です。

アソシエイトのみならず、コンサルには必須のエクセルとパワーポイント。

使いこなすための基本的な「コツ」を4つご紹介いただきました。

 


第6講 エクセル、パワーポイントを極めよ

え?結局マイクロソフトオフィスって話なの?そりゃあかっこよくパワポ作れたりエクセル使いこなせたりできたらいいんだけど、結局時間かかるんだよなぁ。ていうか今どきパワポ以外のツールもいっぱいあるじゃん。てか作業マンになりたくないんだわー。

 

と、鼻くそほじくっているあなた。背筋を伸ばして座りなさい。

一つ一つ突っ込んでいきたいところであるが、まずはエクセル、パワーポイントを使いこなせるメリットを説明する。

 

最近はpreziなどパワーポイントに代わるツールが出ていたり、そもそもパワーポイントを無理して使わなくてもいいのではという風潮も出てきている。 だがしかし、法人におけるマイクロソフトの国内シェアは圧倒的であり、今も多くの企業がパワーポイント、エクセルを使ってコミュニケーションを図っている。多くのクライアントはパワーポイントやエクセルを基とした思考プロセスを行っているのだ。ならば我々もその土俵に乗ってあげる必要がある。 そしてたとえどんな他ツールを使いたくなったとしても結局パワーポイントやエクセルの考え方、使い方を習得することは無駄にはならない。

 

よっしゃわかりました!!今からPC教室申し込んできます!!ウオオオオオアアアーーーッ!

 

待て待て待て。まてい。

 

やる気になってくれた気持ちはうれしいが、PC教室はあなたたちのようなエリートサラリーマンを対象にしていない。
ではどうすればいいのか。

 

その1。マウスを極力使うな。

今後はエクセル、パワーポイントを作るとき、オブジェクトのサイズを変える以外ではマウスを使わないことを心がけよ。エクセルの鬼である外資証券会社に入社した新入社員は、まずマウスを裏返せと言われている。

 

その2。ショートカットを極めよ

マイクロソフトオフィスの機能はほぼ全てにショートカットがあると言っても過言ではない。カーソルを合わせたらショートカットキーが表示される。それらをどんどん覚えていくのだ。
え?いちいちめんどくさい?マウスでピッとカーソル合わせてクリックしたほうが早い?黙って聞け。急がば回れなのだ。

 

その3。アンテナを広げよ

どんな機能があるのかアンテナを広げる。エクセル、パワーポイントではどんなことができるのか。それをふんわりでも知っておくことが大切だ。もし周りにエクセル博士、パワーポイント博士がいたら便利・おすすめ機能を軽く聞いておこう。自分よりうまく使えてそうな人であれば博士である必要すらない。どんな機能があるかを頭に入れてさえおけばよく、その時点でマスターする必要はない。実際に必要になったとき、使い方を調べれば事足りる。

 

その4。グーグル先生に聞け

困ったことがあったらグーグル先生に聞く。「あー、エクセルにこんな機能あったらなぁ」「パワポでこういう事できたら便利なのに!」そう思ったらすぐググってみることだ。あなたが悩んだり迷ったことは、とっくに他の人が悩みどこかの知恵袋で相談している。それをどんどん拾い上げるのだ。

 

今回お伝えしたのはあくまでエクセル、パワーポイントの技術的な使いこなし方である。

 

本当に大切なのはどんなエクセルを組むのか、どんな資料をパワーポイントで作るのかについて頭を使うことである。だがそこに技術が伴えば強力な武器になる。

 

ぜひ素手で戦う戦士ではなく、はがねのつるぎを装備して戦いに出てもらいたい。


第6講 エクセル、パワーポイントを極めよ 解説動画

 

次の「仕事術」はこちら

 

第7講 休日の使い方を極めよ >>