アソシエイトとは?

コンサルタントとして立ち上がるための仕事術

第16講 ミーティングの目的を極めよ

戦略コンサルティングファームのアソシエイトの正しいワークスタイルとは?

 

新卒でアソシエイトとしてBCGに入社し、コンサルタントとして6年間戦った ”ファンタジスタ品川さん”*に、コンサルタントに昇格するまでの正しい仕事術をご紹介いただきました。

*ファンタジスタ品川さん: 海外大学から、新卒BCG入社の素敵女子。その後、6年BCGで戦い、突如、医者の道に。海外大学で専攻していたのは「生化学」。「え?理系なの?」という空気が充満しております。

”ファンタジスタ品川” さんがよくわかるQAはこちら。

 

アソシエイトの仕事は、プロジェクト実行において、ほぼ大半の作業を占め、地味で大変な作業が多いように見えますが、コンサルタントとしての「基礎」が出来上がる大切な時期です。

 

ここでは、アソシエイトとして過ごす、コンサルタントに昇格するまでの大切な時期の「仕事術」を読み進めるごとにレベルが上がっていくよう、全20回に亘ってご紹介いただきました。

※ 考えるエンジン講座代表タカマツとの対談形式での解説動画もありますので、併せてご覧ください。

 

今回は「第16講 ミーティングの目的を極めよ」です。

社内ミーティング、クライアントミーティング。。。ミーティングの「目的」を意識して参加していますか?

アソシエイトだから。と、ただただ、「聞き役」になっているとしたら、コンサルタントへの昇進に赤信号が点灯してしまうかも。


第16講 ミーティングの目的を極めよ

 

さて。

今回の講義テーマは「上司を殺す」ことである。

 

あなたはそろそろアソシエイトからコンサルタントへの昇進を考えはじめるだろう。

 

コンサルファームに入社するのであれば、自分の成長、創出するインパクト、そして収入においてコンサルタントにならねば意味がない。そう、アソシエイトで終わるということはサッカーしにきてボールに触れずにフィールドを走って終わるほどしょうもないのだ。本講義内容が出来るようになることがその登竜門だと思っていただきたい。

 

あなたは今まで、ミーティングの目的を考えたことがあるだろうか?

 

今日のミーティングで何を相談したいのか。

何を決めたいのか。

何をディスカッションしたいのか。

そしてそれはなぜそのタイミングなのか。

 

あなたは今までそれを、パートナーやマネージャーが言うものを只々聞いているだけではなかっただろうか?

なんの疑いもなく、上司の背中を見て追いかけているだけではなかっただろうか。

もし、ミーティングの直前に上司が倒れたとき、あなたは上司に代わってそのミーティングの目的を達成して帰ってこられるだろうか?

 

もしNOなら、あなたはまだミーティングの目的を理解していないのだ。

本当に今回のミーティングがチームにとって、そしてあなたにとって必要なものであれば、あなたはミーティングで何を達成しなければいけないのか、わかっているはずだ。

 

例えば自分で設定した上司とのミーティングであれば、何を達成するためのミーティングが理解できているだろう。

クライアントミーティングにおいてそれが出来ていないということは、上司におんぶにだっこ状態なのだ。

 

上司を殺せ。

 

もし上司がいなかったら。もし自分が主体だったら。

 

そういう目線でクライアントミーティングに望むことだ。

 

そうすれば本当にクライアントミーティングの目的を理解出来るようになる。

 

そこまで理解して初めて「ミーティングの目的を極めた」ことになるのだ。


第16講 ミーティングの目的を極めよ 解説動画

アソシエイトの仕事術

 

次の「仕事術」はこちら

 

第17講 リカバリーショットを極めよ >>