アソシエイトとは?

コンサルタントとして立ち上がるための仕事術

第17講 リカバリーショットを極めよ

戦略コンサルティングファームのアソシエイトの正しいワークスタイルとは?

 

新卒でアソシエイトとしてBCGに入社し、コンサルタントとして6年間戦った ”ファンタジスタ品川さん”*に、コンサルタントに昇格するまでの正しい仕事術をご紹介いただきました。

*ファンタジスタ品川さん: 海外大学から、新卒BCG入社の素敵女子。その後、6年BCGで戦い、突如、医者の道に。海外大学で専攻していたのは「生化学」。「え?理系なの?」という空気が充満しております。

”ファンタジスタ品川” さんがよくわかるQAはこちら。

 

アソシエイトの仕事は、プロジェクト実行において、ほぼ大半の作業を占め、地味で大変な作業が多いように見えますが、コンサルタントとしての「基礎」が出来上がる大切な時期です。

 

ここでは、アソシエイトとして過ごす、コンサルタントに昇格するまでの大切な時期の「仕事術」を読み進めるごとにレベルが上がっていくよう、全20回に亘ってご紹介いただきました。

※ 考えるエンジン講座代表タカマツとの対談形式での解説動画もありますので、併せてご覧ください。

 

今回は「第17講 リカバリーショットを極めよ」です。

もし、ミスをしたら。。。ミスをした時の正しい立ち居振る舞いとは?

ミスをしたら、まず、どう対応すべきか?をご紹介いただきました。


第17講 リカバリーショットを極めよ

 

コンサルタントが見えてきた。

だいぶあなたは調子に乗っているだろう。

コンサルタントが見えてきたアソシエイトとしてそれなりに信頼されて仕事が出来るようになり、楽しくなっているに違いない。

 

だが――――

人はミスをする。

どんなに優秀な人間でもミスをしない人生などはない。

どんなに避けようとしても、だ。

 

そのとき、いかにリカバリーを決めるか。

 

これが大切になってくる。

 

ミスをしたときに 焦るな、 目先のごまかしに囚われるな、 クライアントファーストを考えたときのベストを尽くせ。

 

これがスッと出来る人は、たとえミスをしても評価は下がらない。

 

ミスをしたときこそ、リカバリーショットをお忘れなく。


第17講 リカバリーショットを極めよ 解説動画

アソシエイトの仕事術

 

次の「仕事術」はこちら

 

第18講 愛嬌を極めよ >>