ケース問題99③(ケース41-60)

デビルはこう考えている!


目次

順次追加されます!お楽しみに!

 


ケース41「ノート問題」

典型的な問題。ノートという身近なネタでケース面接を行うので、考えやすいはず。
しかし、この問題は正直、「打ち手」という意味では難しい部類。

 


ケース42「料理教室問題」

一行問題ではなく、少し材料ももらえる問題。

この問題のほうが、100倍考えやすい。

けど、解くコツは存在します。

 


CASE43「紀伊国屋問題」

昔、高田馬場に「キノコノクニヤ」という、古本屋さんがあったのを思い出しました。

ネーミングセンスが最高ですよね。紀伊国屋と掛けて、キノコノクニヤ。

 


ケース44「漫画喫茶問題」

良問中の良問。この問題を「パシッと」答えられたら、 コンサルに受かる!と言っても過言ではない。

 


ケース45「フィギアスケート問題」

100回に1回くらい見かけるのが、この形式。

実際に起こったことの「WHY?」を考えさせられる問題。

 


ケース46「虎ノ門ヒルズ問題」

ドリームインキュベーターで出題された、トリッキーな問題の一つ。

でも、こういうのを楽しめる人こそ、コンサルともいえる問題。

 


ケース47「サッカーボール問題」

ベタ中のベタの問題。
だけに、この問題を出されると、意外と緊張感が高まるかもしれない。

 


ケース48「アイスクリーム問題」

典型的なフェルミ推定。

しかし、企業の売上推定はコンサルになっても使うので、やってみましょう。

 


ケース49「続アイスクリーム問題」

ローランドベルガーの問題。

アイスクリームの問題って意外と出題される印象。

そういえば、アイスクリームが主食の天才コンサルタントがBCGにもいたなぁと思いだした良問。

 


CASE50「カフェ市場規模推定問題」

良問!

ピンと来やすいし、具体的に考える力も問える、さすが、ローランドベルカ―の問題

 


CASE51「目薬問題」

良問中の良問。

目薬という分かりやすいモノを出してくれるのが、ケース面接。

これは対策しておきたい。

問題は順次追加されます。お見逃しなく!