CASE01「カインズ問題」

伝統的な問題「売上2倍ケース」。

どこのファームを受けるにしろ、マスターしておきたいのが「カインズ問題」 

「ケース問題99」シリーズをやるなら、ここから必ず!


問題

面接官:

日本のホームセンター業界に属する「カインズホーム」という企業の売上高を1.5倍程度にすることを目的にした場合、どのように考えたら良いでしょうか?

「どうすべきか?」よりも「どのような軸で考えるか?」等について、考えて頂くのを今回のお題にしたいと思います。

 

まず、ホームセンター業界ですが、それ以外にジョイフルホンダやコメリ等のプレイヤーがいますが、聞いたことありますか?

郊外や少し田舎の方にあり、店舗は主に、国道沿いにあります。

 

私:
聞いたことはあります。が、実際の店舗には行ったことはありません。
ホームセンターはDIY(日曜大工)と園芸用品の大きく2商品を取り扱っているという認識です。


面接官:
その通りです。一応、ホームセンター市場全体の動向としては、横ばい。過去は店舗数が伸びてきたが、店舗数も直近は横ばい。

では、お題をお伝えしますと、売上高を1.5倍程度にすることを目的にした場合、どのように考えたら良いでしょうか?

 

シチュエーションとしては、カインズホームの経営者とミーティングがセットされ、そのお題をマネージャーから、言われ、考え始めたのが、今のあなたです。

では、15分お考えください。

 

 

私:

了解しました。


この問題について

 

この問題は「ATカーニー」で出題された問題の改訂。

「売上高を〇倍に」というパターンは、フェルミ推定と並び、本命中の本命の問題ですので、是非ともじっくり解き、マスターして頂ければと思います。

 

そんな想いを込めながら、「カインズ問題」の解説を書いていたら、合計1.3万字、パワーポイントで60枚にまで。

 

他のケースでも使えるように、解説は「デビルロード」と名づけた、思考ステップと「私が解くなら」の回答を記載しております。

ので、読んで頂けると、この問題だけでなく、ケース面接の「売上〇倍」の典型例を解きやすくなると思います。

 

動画もついてますので、お楽しみに。

 

また、「悪魔の解説&動画」をご購入いただくと、特典として、類似問題の添削などがついてきます。

 

販売内容をチョイ見せ

詳しくは下記「解説購入はこちらから」をクリックしてください。