CASE07「化粧品問題」

通常の売上や利益をあげてください!問題ではなく、「どのように考えますか?」という問題。

正直、私が面接官なら、この問題を出したい。


問題

面接官:

では、こんにちは。

早速ケースに入っていきたいと思います。15分考えて頂き、そのあと30分議論する形でいきましょう。

 

私:

ありがとうございます。紙やホワイトボードも使っていいですか?

 

面接官:

あ、どうぞ。

 

私:

・・・・

(聞かないほうがよかった?)

 

面接官:

では、あなたは化粧品の案件を扱っています。その化粧品メーカーにブランドが30あります。M&Aなどもあり、化粧品フルセットのブランドが30個あります。ブランドが多くなってしまったので、10個ほどに減らそうと考えています。という相談を受けました。

そこで、あなたなら、どのように考えますか?

 

私:

了解しました。

 

面接官:

では、15分、考えた後、発表してください。


この問題について

この問題はベイカレントで出題された問題の改訂。

 

面接官がパートナー/ディレクターの場合、このようなケースが出されることが予想される。

コンサルタントとして上にいけば、いくほど、細かい「フェルミ推定」や「売上2倍」ではなく、こういう問題で、「頭の使い方」の大枠を捉えにいく。

これこそが、考えるエンジンの本領発揮であり、考える力とはこれのことを指すといっても良いかもしれない。

 

こちらの問題はWeb教材「悪魔の10ケースマラソン」で解説しております。(=というか、私の「答え」を載せています)

 

内容をチョイ見せ!


悪魔の10ケースマラソン

過去問を私が解いて、答えを作りました 

過去問の中で、汎用的・高頻出の問題を10問ピックアップし、解き方だけでなく、「答え」まで載っている、虎の子。
ケース面接対策の〆としてどうぞ。

また、10問の類似問題の添削が付いていますので、実力判定としてもご活用いただけます。

※毎月10名限定商品