CASE08「牛乳宅配問題」

BCGやアクセンチュアに見られる「A4資料配布」からのケース面接を解いてみましょう。

ケース01~07とは「頭の使い方」が少し違ってきます。


問題

面接官:

では、さっそくケース面接を行いたいと思います。

まず、こちらをご覧ください。

 

【A4の内容ココから】

クライアントから「今後3年間の会社の成長に関してディスカッションを行いたい」との依頼を受けました。

依頼内容をもう少し聞いてみると、「今後3年間で、現在の利益を3倍にする方策は?」とのこと。

少し状況を教えて頂けることができ、事前に考え始めました。

l  国内市場は当然、伸びておらず、むしろ、減っている?

l  牛乳宅配会社の経営状況はざっくり、こんな感じ。

Ø  売上高は100億円、営業利益は10%

Ø  売上は100%国内、牛乳のみの宅配のみ。例外にもれず、売上は減少。

Ø  日本には都心部を中心に200店舗出店。

Ø  宅配は毎日自社の配達員が朝に実施。

Ø  コスト構造としては、原材料(牛乳)と人件費(営業・宅配)が大半。

 

 

今後3年間で、現在の利益を3倍にし得る方法を考えてみてください。

【A4の内容ココまで】

  

面接官:

では、15分お考えください。

 

私:

了解しました。


この問題について

前提なく、考えてください!ではなく、クライアントの状況が説明されているので、考えやすい部分もあるが、逆に言うと、「候補者の答えが画一的」になりがちである。

 

が故に、きっちり、「A4資料配布」でのケースの解き方もマスターしておきたいところ。

 

こちらの問題はWeb教材「悪魔の10ケースマラソン」では、その部分にフォーカスしつつ解説しております。(=というか、私の「答え」を載せています)

内容をチョイ見せ!


悪魔の10ケースマラソン

過去問を私が解いて、答えを作りました 

過去問の中で、汎用的・高頻出の問題を10問ピックアップし、解き方だけでなく、「答え」まで載っている、虎の子。
ケース面接対策の〆としてどうぞ。

また、10問の類似問題の添削が付いていますので、実力判定としてもご活用いただけます。

※毎月10名限定商品