CASE14「ベビーカー問題」

ベインで出題された、途轍もなく良い問題。

フェルミ推定の本質が分かっているか?が如実に表れる。

一度、皆さん、解いてみましょう。


問題

面接官:

では、さっそく、ケース面接を始めたいと思います。

今回はベビーカーがテーマです。

日本のベビーカーの市場規模を推定してみてください。

その上で、業界トップ(シェア30%)の会社があったとして、その会社の売上を2倍にする打ち手をお考えください。

 

私:

はい、わかりました。

 

面接官:

今までにベビーカーを買うといった機会はありましたか?

 

私:

子供がいるので、その子供用に買う際に家族で見に行ったことがあります。

 

面接官:

であれば、値段などもイメージしやすいかと思います。

で、まず、

日本のベビーカーの市場規模を推定してみてください。

それでは始めましょう。

 

では、15分お考えください。

 

私:

了解しました。


この問題について

ベインで出題された、途轍もなく良い問題。

フェルミ推定の本質が分かっているか?が如実に表れる。

一度、皆さん、解いてみましょう。

 

ベインのケース面接は本当に好き。

「考える力」をフェルミ推定で純粋に評価している感。

私の感覚では、BCGより「ロジカル/MECE」に比重がある。

違う言い方をすれば、「新卒」のケース面接基準に近いイメージ。

 

こちらの解説についても動画が付いていますので、お楽しみに。 

「悪魔の解説&動画」をご購入いただくと、特典として、類似問題の添削などがついてきます。

 

 

詳しくは下記「解説購入はこちらから」をクリックしてください。

こちらの解説は準備中です