CASE37「HIS問題」

実際のケースでやっているのかな?

と思わせる旅行代理店の成長戦略


問題

面:

最近旅行とかされました?

 

私:

年初にロサンゼルスに行きましたね。

 

面:

なるほど。どうやって行先を決められました?

 

私:

ネットで色々見て、決めました。

 

面:

まぁ、そうですよね。僕もそうなんですが、若い人とかとくにネットで決めちゃうこと多いですよね。今回のお題なんですが、ある旅行代理店の社長さんから最近売上が落ちていて、なんとか立て直したいと相談を受けました。そもそも旅行代理店って行かれたことあります?

 

私:

一回もないですね。通りがかったことならありますが。

 

面:

なるほど、どこか知っている旅行代理店あります?

 

私:

HISぐらいしか知らないですね。

 

面:

ではHISさんから相談を受けたと考えてください。HISのほとんどのチャネルは実際の店舗から構成されていて、だんだんそこのお客さんが少なくなってきています。そのような状況を踏まえ、今後のHISの方向性として、どういう戦略があるでしょうか?まずは3分時間を測った後に、HISの売上を決める要素を出してもらって、そのあと、私をHISの社長だと思って今後の方向性を提案してください。

 

私:

売上は計算する必要なく、要素だけ出せばよいのですね。

 

面:

はい、そうです。他に何か質問はありますか。

 

私:

いえ、大丈夫です。

 

面:

それでは3分間測るので、よろしくお願いします。


この問題について

こちらもベインで出たケースを題材にしています。

HISやJTBは、ネット予約がナチュラルになり、存在意義の見直しを

迫られているように、傍からすると見えます。

 

先日も別のファームでも出ましたので、

もしかしたら、どこかでのファームがHISかJTBと共に、

改革をしているのかもしれませんね。

 

というか、そのプロジェクト、僕も入りたい。

ということで、

今回も面接スクリプトをベースに解説しております。

詳しくは下記「解説購入はこちらから」をクリックしてください。