CASE39「トランプ大統領問題」

銃犯罪を題材にした

フェルミ推定の問題。

社会的な意義を抜いても良問


問題

面:

それではケースを始めます。問題ですが、舞台はアメリカです。

あなたはトランプ大統領の参謀で、彼に助言する立場だとして下さい。

トランプ大統領は、今支持率アップのために新たな政策を打ち出そうとしています。そこで、近年問題になっている銃犯罪の被害を減らすことを考えました。

しかし、銃はアメリカの自由の象徴であり、安易に所持規制を設けることは出来ません。

そう考えて、トランプ大統領は国民へ防弾チョッキを配布し、撃たれても大丈夫なようにすることを思いつきました。あなたは次の日の朝、トランプ大統領からこの政策案を聞かされます。それに対して、費用対効果としてどうか、あなたのコメントをして下さい。

費用対効果なので、銃犯罪による経済損失をどれだけ抑えられるのか、コストはどうなのか、定量的に議論して下さい。

 

受:

結論としては、この政策のコストは9兆円、効果は20人の銃犯罪被害者を減らせると見込まれました。

考え方ですが、まず現在の銃犯罪被害者数から検討します。

立式としては、

年間の銃犯罪件数×事件あたりの犯人の数×銃所持率×発砲する対象人数×致命傷率

となります。

年間の銃犯罪件数は、一週間に一度程度ニュースで聞くと考え、ニュースにならないものを含めて週3件。犯人の数は、個人的トラブルによる単独犯とテロ的な多人数の犯行に分けられますが、前者が大半と考え2人。銃所持率は100パーセント、対象人数は犯人と同じく2人。致命傷率は難しいですが、感覚で2分の1と置きました。かけあわせて、2000人です。


この問題について

新卒のインターンで出た問題です。

これをチョイスした理由でもあるのですが、

25歳以下で中途でコンサルを受ける場合、

相手の論点は間違いなく

 

“新卒の彼ら、彼女と比べて、遜色ないか?”

 

なわけです。

から、25歳以下でコンサル転職を考える場合は、

ほんと、フェルミ推定マストです。

 

逆にいえば、中途で30歳あたりで転職する場合、

フェルミ推定ができると、“あれ、コヤツ、いいかも!”と思われやすくなりますので、

これまた、がんばりましょう。

詳しくは下記「解説購入はこちらから」をクリックしてください。