CASE40「病児保育問題」

テーマはマイナーですが、

「フェルミ推定からの売上2倍」の典型的なパターン


問題

面:

今日はNPO関連の実際に担当したケースをモデルにケース面接やっていきましょう。病児保育って知ってますか?保育園って熱が37.5度以上とか出ると預かってくれないんで親が休むしかないんですけど、そんなに休んでられないって家庭を助けるための団体で時間単位でシッターが家を訪ねて子供の面倒を見るってサービスです。

これまで売上が伸びてきたのに急に成長が止まってしまったという相談を受けたと思ってください。NPOですが普通の会社と一緒と思ってもらって結構です。

 

2つのことをしていただきたくて、まずはこのサービスの年間の売上を出してもらって、その上で売上向上の施策を出してください。売上を出すときはまずどういう構造になるかを考えてもらえればOKで、計算は一緒にやっていきましょう。では2分ほどでやってみてください。

 

どうでしょうか?

 

受:

売上の構造ですが、会員数×(子供が病気になる確率×1回の単価×年利用回数+年会費)で求められると思います。

 

面:

んー。なんか惜しい。とりあえず年会費は忘れてください。病気になる確率と年利用回数ってMECEですか?

 

受:

MECEじゃないです・・。2回かけてしまっていて、会員数×年利用回数でOKです。

 

面:

そうですね。あとこれだと病気になったら必ずサービス使ってることになりますよね?それなりに単価高いので利用をためらう人っていませんかね?

 

受:

おっしゃるとおりです。病気になった上で利用する割合が必要になってきます。


この問題について

この系統の問題はマスターしちゃいましょ。

この問題はDIの問題ですが、

ベインでも、RBでも、ATカーニーでも出ておかしくないので、

意識して対策しちゃいましょう

詳しくは下記「解説購入はこちらから」をクリックしてください。