CASE41「データサイエンティスト問題」

きっと、面接官がプロジェクトで調べたんだろうな、と思う問題。

子供にプログラミングをさせるって本当にありですな


問題

面接官:

それではケース面接をはじめていきたいと思います。

 

私:

宜しくお願いします。

 

面接官:

緊張されてますか?

 

私:

少し緊張しておりますが、精いっぱい頑張りたいと思います。

 

面接官:

ちなみに、「データサイエンティスト」ってご存知ですか?

 

私:

はい、知っております。

私の大学時代の友人がデータサイエンティストとして、働いているので。

 

面接官:

そうなんですね。

では本日やっていただくお題もイメージしやすいかと思います。

お題は、日本にいるデータサイエンティストの数を考え、その後で、どうすれば人数を増やせるかを議論しましょう。

 

私:

はい、わかりました。

 

面接官:

それでは、15分間お考え下さい。

 

私:

了解しました。


この問題について

ATカーニーで出題された問題(改訂)。

データサイエンティストって今、もう、花形だけど、それを10年前とかの大学受験というか、専攻の時に、それを選べるって本当に最高な先輩や師匠がいたんだろうな。

 

こちらの解説についても動画が付いていますので、お楽しみに。 

「悪魔の解説&動画」をご購入いただくと、特典として、類似問題の添削などがついてきます。

 

 

詳しくは下記「解説購入はこちらから」をクリックしてください。

こちらの解説は準備中です