戦略コンサルタントとは コンサルQ&A ~コンサルへの道 99~


おかげさまで「考えるエンジン講座」を開講してからの2年間で100名以上の方に受講頂き、母校であるBCGをはじめ、マッキンゼー、ATカーニーなどトップファームへ生徒を送り出すことができるまでになりました。その中で、過去の受講生の方々が “まさに、むじゃきに” なげつけてくれた質問を、ランダムにピックして、お答え致しました。

 

1から99までの質問は、1つ1つがまさに一歩一歩「コンサルへの道」を進んでいく構成になっています。

99まで無事に辿り着いたとき、「コンサルタントとは何か?」が理解できることでしょう。

 

但し、全て、私の「独断と偏見」で語りますので、「そうじゃないと思う!」と思われる方もいるかと思いますが、その辺はご容赦ください。

 

注)弟はマッキンゼー、イトコが経営共創基盤、大親友はカートサーモン、生徒は殆ど全てのファームにいますので、外れてはないと思っています。



はじめに

コンサル道への第一歩 ~コンサル用語/BCG用語~

皆さんに、より、コンサルの“リアル”を感じて頂くために、コトバもコンサルが使っているコトバを使っておりますので、都度、補記しておりますが、代表的な用語を記載させて頂きます。

 

【ファーム】

コンサルティングファームの略。

【ケース】

プロジェクトのことを指す。ITでいうプロジェクトリーダをケースリーダと呼ぶ。

【パッケージ】

提案書、討議資料など、パワーポイントの資料のことを呼ぶ。決して、オラクル・サップの“パッケージ”ではないことにご注意を。

【パートナー】

コンサル界の頂点の“役職”。(厳密には少し間の呼び名)。

BCGでは、アソシエイト⇒コンサルタント⇒プロジェクトリーダー⇒プリンシパル⇒パートナー

【コンサルタント】

広義には“コンサルタント”狭義にはBCGの役職の意味での“コンサルタント”

【スライド】

パワーポイント1枚を指す。なので、パワーポイントを書くことを「スライドライティング」と呼ぶことも

 

・・・を踏まえまして・・・


教育メディア「251MEDIA(ニコイチメディア)」にスライドとなって登場!

戦略コンサルタントとは【コンサルQ&A】を一気読みするならこちらをクリック!