戦略コンサルタントとは コンサルQ&A ~コンサルへの道 99~

【コンサル理解度50%】

コンサルタントへの転職を目指し、転職準備のためご受講いただいた受講生の方々が “まさに、むじゃきに” なげつけてくれた多くの質問。その中から厳選した99個をピックアップして、お答え致しました。


~Q.40からQ.49まで~


Q40. なぜ、世界一周に行こうと思ったのですか?


 それは、高校1年の時に立てた夢のひとつだったから。

 

「手ぶらで、年収1億円」

「世界一周」

「社長になったら、車の免許」

 

行っちゃいました。


Q41. なぜ、コンサルティングファームは必要なのでしょうか?


この質問した人はきっと「恋愛相談」をした事がないし、されたこともない、哀しい人なんだろう。

 

人は相談したいもの。

 

偉くなれば、なるほど、責任も重くなるのだが、相談できる人は極端に減る。その筆頭が、大企業の社長なのだ。その「恋愛相談」。。。じゃなかった「戦略相談」を受ける人、必要だと思いませんか?

 

もし、思わないなら、恋愛してから、出直してこい!(笑)


Q42. 顧客に「ソリューション」を提供する際、顧客を "やる気" にさせるために、大事にしていることは何ですか?


これもありがちな誤解。

 

コンサルティングファームはオラクルやサップに代表されるように「ソリューション」を提供できるわけではないし、するつもりもない。

 

入社1か月後に、当時プリンシパル、現パートナーの木村さんから言われた言葉

 

なるほど、こうきましたか。

プロダクトインではなく、

マーケットアウト。

 

こんなソリューションがあるから、それを誰が使ってくれるかな?と考えるプロダクトインではない。と言われたのを思い出しました。

 

そう、

 

コンサルにソリューション無し。

 

とかいうと、「紙だけで、結果につながらん」とか言われそうだが、それは、また、別の質問をされた時にお答えしましょう。


Q43. シゴト後の「飲み会」はどんな感じですか?


基本、無い。

 

シゴト後=“午前様”なので、そこから、チームメンバー以外と呑むことは少ない。チームメンバーとは、プロジェクトリーダーを中心に、ケースが終わった時に行う=ケースアップや、クライアントミーティングが終わった日のランチなどでご一緒することがある程度。

 

しかし、“親友”ができた場合は、その限りではなく、予定を合わせて、呑みに行く、遊びにいくことはあります。


Q44. 戦略コンサルファームに入るには何が必要でしょうか?


「セクシーな考えるチカラ」があれば、後はイラナイ!

 

と言いたいところであるが、そうは問屋が卸さないのが現実。

 

それ以外に必要なのが、「学歴 and/or トップ企業在籍経験」。

 

トップ企業の社長や役員クラスから「相談」を受けるのがシゴト。だからこそ、「分かり易い」「3秒で分かる」優秀さファクトが必要。一緒にシゴトしたら「優秀だと分かる」では遅いのである。

 

クライアント

田中さんは前職どこなんですか?

 

田中さん

トヨタです

 

これ以上、説明がイラナイ。

それが素敵なのだ。

 

そして、「採用の効率化」の面でも、学歴は必要となってしまう。

 

ケース面接には少なくとも1時間の「プロジェクトリーダー以上の時間」がとられる。

 

ので、年間に面接できる数が、自ずと決まってくる。ので、止むを得ない。


Q45. コンサル業界に何を目的に転職すべきですか?


「勝手にしろ!」、間違えた・・・

「人それぞれ!ざます」

 

しかし、「入りたい!」と面接を受けるわけだから、それなりに「愛を示しましょう」。「戦略コンサルとして大成するポテンシャルはあるか?」を見てるわけですから、その意味でも“コンサルへの熱き想い”はあるに越したことはありません。

 

個人的には、内心、「経営者に、社長になるために、コンサル2-3年経験したい」とか、「単純に、給料が上がるし、なんか”外資コンサル“ってかっこいい」とかあるかもしれませんが、それを表にわざわざ出す必要はない。私も、BCGの最終面接で植草さんというパートナーから、ケースが終わったあと、こう聞かれました

 

植草さん

高松さんは、3年で次を目指す?、それとも10年でパートナ目指す?

 

もちろん、10年続けて、パートナーを目指します 

 

と内心は起業したいと思っていましたが、笑顔で言っていたのを覚えています。

 

結局、8年間もBCGにいさせてもらいましたし、そもそも、入って暫くしたら、ずっと続けて、パートナーになりたい!と思うようになってましたね。

 

ちなみに、「コンサルティングファームの“パートナー”」への未練はまだある。

 

あ、これは「内心」のお話。


Q46. 「アイディア」が出てこなかったときの“かわし方”“逃げきり方”もしくは、そこからのリカバリー対策は?


アイディアが出ない!というのは「クリエイター」的なコトバの使い方ですが、コンサルでいうと「パッケージ(討議資料)」がイケテナイ時によくある“かわし方”。

 

それが、「別冊」宝島 ならぬ、

 

「討議資料(別冊)」

 

通常は30枚の“至極の資料”で戦う。しかし、それに自信がない。その時にしてしまうのが、これ。

 

“事例”やら、“(無駄な)分析グラフ”などを盛り込んだ100枚パッケージをつくり、「我々は、1週間の間で、こんなに汗をかいてきたんです」感を出す。

 

ちなみに、気持ちは分かりますが、これは“ドツボ”です。

 

なぜなら、どんなに時間をかけようとも、“くっそ”高いコンサルフィーを貰っているので、“時間”では到底、割に合うことは無いから。


Q47. ケース面接対策にお勧め本があれば、教えてください。


良く聞いてくださいました、お嬢さん。

 

下記の「考えるボンっ」をご覧ください。

http://www.kanataw.com/kangaeru-bon/

 

本を見て頂くとわかりますが、

 

ケース対策は“考えるチカラ”を鍛えるに、他ならない

 

近道は無い。ショートカットは無い

 

ということになります。


Q48. 面接の最後に「何か、質問ありますか?」と言われたら、どのようなことを聞けばいいのでしょうか?


この質問自体は「とりあえず、締めたいので、言っている」だけなので、特段、正解があるわけではない。が、個人的には「この質問は無し」というものはあります。

 

その代表例が、これ

 

今日の面接のフィードバックを

ください

 

非常に前向きで "文字面" 的にはいいのですが、その場で途轍もなく良くなければ、合否は言えないので、その上で、フィードバックはやりづらい。し、なんか "成長バカ" = 成長を貪欲に求めすぎる。にも見えちゃうと、コンサルに向いていない印象も。


Q49. 「筆記試験」はどの程度選考で重視していますか?


10年前と比べると、残念ながら比重は高まってきています。

 

というか、“ちゃんと”対策が必要です。

 

昔以上に、コンサルティングファームが市民権を得てきており、転職を希望する方も当然、増えてきています。その分、昔では出会えなかったモンスター級のポテンシャルを持つ方か、箸にも棒にも・・・までアプライするようになりました。結果、それを見極めるために、必ずといっていいほど筆記試験もしていますし、「考えるエンジン講座」受講生の結果からすると、「経営共創基盤」は10人中3人しか、通過していないのも事実です。

 

「東大」「MBA卒」「トップ企業」のうち、当てはまることが1つ以下の人は本気でやりましょう。