悪魔のトライアスロン30

ケース面接対策の最終トレーニング

コンサルファームの1次面接を突破したら

こちらの教材は、過去問リスト「ケース問題99」のうち、ケースNo.11~40の30問分のテキスト解説に加え、疑問点は1問ずつ質問しながら学習を進める構成になっています。

 

さて、ケース面接対策「実践トレーニング」の最終トレーニング教材。

悪魔の10ケースマラソン」でケース面接問題を添削付きで「10問」の42.195kmマラソンを走り切ったら、次はこちらの「悪魔のトライアスロン30」で3種目耐久の「30問」トライアスロンに挑戦。

もはや、「ケース面接」の “キング” になろうとしている方向けです。

 

もう、コンサルファームの「1次面接」が通って、いけそうかも?と思ったら、

購入するってのもいいかと思います。

もちろん、最初から買う慎重派もすきですけど。

 


ケース面接の実際のやり取りと正解がココに

内容は、かなりコッテリです。

 

過去、実際のケース面接で出題された問題を、カラフルにピックしてご用意しました。

実際の面接スクリプト(面接官と候補者のやりとり)をご紹介しながら、「この発言はアリだったか?それとも、ナシだったか?」などを丁寧に解説しております。

 

転職エージェントから過去問をもらって、スクリプトを見たところで、「何にも意味がありません」

 

だって、どの発言が良くて、どの発言が地雷なのか、書いてありませんからね。

特に、ハマるのが、「通過した」スクリプトを妄信して、落ちるパターン。

 

実際、面接では、「この人は、もう落とそう!」と決めたら、どんな発言でも「褒めます」し、一方で、「この人は受かりそう。」と感じたら、どんな発言も「詰めて」いきます。

 

ので、本当に、スクリプトのどこの発言を「真似していいか?」見分けがつけづらいのです。

 

ですので、そこを解説したのが、この教材になります。

 

冒頭でもいいましたが、ケース面接の「1次面接」を通過し、「もしかしたら、いけるかも?」という状況になり、このチャンスを逃したくない!と思われた方には、特にお勧めの教材です。

 


トレーニング内容

ケース問題11-13-フェルミ推定①

フェルミ推定についての理解を深めた上でそれぞれの問題の「正解」を導く。

受講生から寄せられた「フェルミ推定の罠」に関するの疑問点に細かく答えた上で、各ケース面接問題の正解はどうなるのか?を掲載。

ケース問題14-15-フェルミ推定②

ケース問題13までで叩き込んだ「フェルミ推定」をフル活用して解説。

特に因数分解にフォーカスして回答までのステップを解説。

ケース問題16-志望動機

面接時の「志望動機」部分のやりとり。 

※ もっと深く知りたい方は「悪魔の志望動機&キャリア」を。

ケース問題17-40-面接スクリプト

実際のケース面接スクリプト(面接官と候補者のやりとり)をご紹介し、アリ/ナシを判断。「ナシ」の場合は、どう答えるべきだったのかを解説。

※ケース問題21・25・26は、スクリプトではなく、タカマツ流論点ベースで、回答を導くまでのステップを紹介しています。


学習サイクル

全30問のケース面接問題を1問ずつ問題解決しながら学習を進めていきます。

悪魔のトライアスロン30 学習サイクル
悪魔のトライアスロン30 学習サイクル

 

転んでも、疲れても、1問ずつタカマツに「質問」できる "給水スポット" があることで、わからないことを次の問題に持ち越さず、1問1問確実に理解を深めることができる仕組みになっています。

 

スイムあり、自転車ロードあり、ランありのトライアスロンのように、この教材の30問の耐久レースを完走し、コンサルファームの最終面接突破まで駆け抜けましょう!


価格 138,000円(税込)

  • こちらは弊社プラットフォーム「Study99」上でスライド(テキスト)+質問で学ぶコンテンツとなります。

  • 購入後PDFをダウンロードいただくと、弊社プラットフォーム「Study99」へのアクセス方法が記載されておりますので、手順に従い、学習を開始してください。

  • 会社の教育制度をご活用してご購入される場合、企業様名義を宛名としたご請求書及び受講証明書を発行しております。ご希望の方は、購入時に「購入者情報の入力」ページの「備考欄」でお知らせください。
  • IDの複数人での使いまわしや、"個人での学習目的" 以外でのご利用はお控えください。(企業単位での研修利用の場合は別途ご相談ください)
  • ご購入画面でご入力いただくご住所は必ず「ご自宅住所」をご入力ください。(勤務先住所でのご登録はご遠慮ください。)
  • 以下ボタンリンク先よりご購入いただけます。



一緒に購入されている商品



ケース対策の礎を作る講座はこちら