新卒&ガールズコンサルの道

99の質問に "ファンタジスタ品川" が答える!


※ こちらをお読み頂く前に「コンサル用語・BCG用語」をご覧ください。

「コンサル用語・BCG用語」はこちら

女子編


251MEDIAにスライドとなって登場

スライドで一気読みするならこちらをクリック!


 


Q61. 女性コンサルの方って、いつごろ結婚されているんですか?激務と聞いているので、出会いがなさそうですし、彼氏会う時間とか取れるのか不安です。


世知辛いわね…。男性とは逆に、優秀な女性は結婚から縁遠くなってしまうもの。

わたしの周りを思い起こしてみると…

入社前には結婚していた→超少数。すぐに子どもが出来、コンサルを辞めていった人とか、学生結婚していたパターン

 

20代後半

→そこそこいる。お相手は会社の同僚が多い。

30代前半

→ここがメイン層。お相手は千差万別。

30代後半

→驚いたことに、意外にいる。

 

というわけで、必死に働いていたらあっという間に20代が終わってて、アソシエイトからコンサルタントやプロジェクトリーダーに昇進した頃の30代前半が一番多い気がするわね。

 

ただ、これは結婚した人の中の内訳。

 

30代前半の同期女子7人のうち、未婚者は3人…半数近くがまだ結婚にすら至ってないの。

「出会いがない」ということは無いわね。社内恋愛している人もいるし、趣味で知り合う人もいるもの。

ただ、一番おいしい時期である20代に仕事で忙しすぎるために、彼に気遣いが出来なくなって破局を迎えたり、新しく出会った人に仕事の話をしすぎて引かれてしまうことはあるのかも。

あと、結婚しなくても1人で稼げちゃうから、無理して伴侶を見つけなくても楽しい人生が歩めてしまうのも、未婚率が高い原因かしらね。

 

何にせよ、女子たるもの、たとえ男社会に身を投じようとも、かわいさを忘れないこと!!!!そして、結婚すれば幸せとは思わないこと!!!!

それが幸せな結婚につながる道よ。

 


Q62. 妊娠・出産は出世に悪影響を与えませんか?同僚が働いている中、産休育休で現場を離れるのが怖いです。


産休、育休事情に関しては、わたしが入社した10年ほど前から大きく変わったわ。産休、育休によるデメリットはどんどん少なくなってるし、どんどん取りやすい環境になっていっているわ。

BCGにかぎらず日本全体会社としても、そしてBCGの海外オフィスからも、女性管理職をもっと増やしなさい!というプレッシャーがあるのね。

 

出世には、悪影響を、与えません!!!

 

ただ、2点ほど注意。

  • 産休・育休の間の時間はカウントされない
  • アソシエイト1~2年目で産休・育休を取るのは早すぎる

まず1点目。UP or OUTの原則から、BCGでは約3年以内に昇進しないとOUTなの。でも、休暇の期間も成長しなさい、とカウントされるのは厳しいわよね?もし1年休暇をとったら、実働3年だが期間としては4年、時間があるということになるわ。

 

そして2点目、いくら産休・育休が奨励されてきているとはいえ、さすがに入社して1~2年目で産休・育休をとってしまうと、激務なアソシエイト生活に戻りにくくなってしまうことがおおいわね。まだまだ会社にとってお荷物な存在であるタイミングで、子供を育てながら勤務を続けるのは難しいもの。両立出来ている人は、きちんと成長して一人立ちできているコンサルタントであることが多いわ。

 


Q63. コンサルファームに入社して、イケメン高収入のコンサルタントとどの程度の確率で結婚できるでしょうか!もっとまったりした職場に行くか迷ってます!!人生かかってます!!


あなたがファームに入社する目的ってまさか、、、いえ、何も言わないわ。パフォームさえ出来ているんだったら、動機を問うのは野暮よね。

 

コンサルファームに入社すれば、同僚と結婚する人はそこそこいるわね。

同期女子7人。入社当時から既婚だった1名を除いたら6名中2名がイケメンかどうか置いておいて、同僚と結婚してるわね。33%。悪くは、、、ない?会社全体でみたら、さすがにもう少し低い気がするけども、でもまあ歴代の新卒女子、1名はいるわね。

 

ただ、イケメン高収入のコンサルタントの男って、たいていはコンサルやるような女子じゃなくて、モデルみたいにかわいい子が好きよ。よくそういう子たちと合コンしてるもの!だからイケメン高収入のコンサルタントだったら誰でもいい!って気持ちは、捨てたほうがあなたのためよ!

 


Q64. 高収入女子はモテなさそうなんですが、そこのところいかがでしょうか?


コレ、よく聞かれるの!そんなに稼いで、男引いちゃいません?って!正~~~~~~直なところ、全くその実感はないわね。そもそもそういうのを気にする人といい感じにならないからかもしれないけど!そういう質問をされてはじめて、「えっ!気にするんだ!」って思ったってくらいかしら。まあ、そういうことを気にする男って、何かにつけて自信がないのだと思うのよね。卑屈な男ってあんまり興味ないから、わたしには関係ない話だわ!

 

【タカマツのヒトコト】

ファンタジスタ品川、モテますからね。

 


Q65. コンサルで培われた論理的思考は、恋愛や結婚に活かせますか?


正直、全く関係ないわね!!!

仕事で使う論理的思考と、恋愛で使う思考ってぜんぜんリンクしてないの!!!

とっても仲良しの同期女子、仕事ではめちゃくちゃロジカルで、ものすごく昇進も早かったわ。でもね、プライベートになると、「え、なんで!?」っていうくらい、感情的なの。

きっとスイッチが違うのね。コンサルとしては第3者視点でものを考えるけど、当事者となると気持ちも違うし、相手に求めるものも変わってくるのね。

 

コンサルで培った論理的思考を恋愛や結婚に活かすのは、基本的にとっても難しいの。でも、出来ないわけじゃないと思うわ。

それはね、なるべく目的思考、課題解決思考で頭を働かせるようにスイッチを切り替えること。

 

ケース1

ーーー彼氏があやしい!!女の子とLINEのやりとりが!!

これ、感情的になって問い詰めちゃうパターンが約9割。

たとえどんなに正しいことを言っていてもね、問い詰めたら伝わらないの。対クライアントでも一緒。どう伝えるかって、とっても大切。

 

しかも目的は責めることじゃなくて、「浮気を未然に防ぐこと」。

そのためには、どんな言動をしたらいいか。そういう目線で考えてみるの。

例えば、危機感を揺さぶるんだったら

「わたし、浮気する人ってなんとなくわかっちゃうんだよね~。浮気発覚したら、絶対ムリ。キモくてそれ以上付き合えない!」ってふとした瞬間に言ってみるとか。

罪悪感を揺さぶるんだったら

「ごめんね、こないだLINEの通知見えちゃって。女の子とすごいLINEしてるの見えちゃったんだ。。それからけっこう悲しくなっちゃって。わたしそういうの、けっこう気にしちゃうから、出来れば控えてほしいの」

とかね。

どういう攻め方が効果的か考えて、どんな言い方なら相手に伝わるかな~ってシミュレーションして、なんなら練習して、伝えるの!

これぜーんぶ、仕事で使う技術よ。どういう攻め方で論点にこたえるか考えて、ストーリーラインを考えて、プレゼンの練習して。

 

基本的には、コンサルトしての経験は恋愛や結婚には役に立たないの。役に立たせよう!って思わないと、ムリね。

 


Q66. コンサル系女子の、理想の結婚・妊娠・出産のタイミングっていつなんでしょうか?


コンサル系女子の妊娠・出産事情は、わたしが在籍していた6年でとても目まぐるしく変わっていったわ!折しも世間で、出産・育児休暇を取る人が増えていった時期だったのもあるわね。

 

そんな私が見てきた中で思うのは、コンサルずっと続ける系女子なら、妊娠・出産タイミングはプロジェクトリーダーのときね。いま、世間は女性管理職を増やしたいの。外資系コンサルは、その先陣を切ってるってアピールしたいの。だから妊娠・出産で女性管理職は切りたくない。むしろ、母にも優しい会社ですってアピールできるもの。

逆にケースを2つ以上まわしているプリンシパルになってしまうと、調整が難しそう、って思うわ。まあ、プリンシパルで3人くらいお子さん産んで上手に休暇を取得しながら、時短で働いている方もいらっしゃったから、ムリではないわね。ただ、プリンシパルとなると、30代半ば~になってることが多いから、やっぱりプロジェクトリーダーのときがいいんじゃないかしら。

 

出産を軸に考えると、結婚はコンサルタントのときがいいわね。アソシエイトだと、ちょっと早い。アソシエイト時代は、自分で働く時間の管理は難しいから、よっぽど理解のある旦那様じゃないと、家庭崩壊になりかねないわよ。コンサルタントのときなら、20代で結婚できるし、仲のいい会社の人を呼びやすいわ。プロジェクトリーダーになってからだと、あの人を呼ぶならこの人も呼ばないと、、、みたいなしがらみがあるかも。

結論!

結婚:コンサルタント

妊娠・出産:プロジェクトリーダー

 

産んだあとの育児はどうするの??って思う方、きっと多いわよね。

コンサル系女子たちは、それなりの収入があるので、全てを自分でやろうとせず、要所要所は外注してるわ。シッターさん頼んだりね。

保育園のお迎えは旦那様にお願いしたりとかも、よくあるわね!パートナーの旦那様がお迎えにいってるパターンもあったわよ!

 

結婚・妊娠・出産は、相手あってのことだから、理想通り行かないことも多いと思うわ。だからあくまで、参考程度にしてね!

 


Q67. 女子の体力で激務の仕事についていけるんでしょうか?


一般的に、女子のほうが体力ない、、、って思うわよね。

でもマラソンしてるんじゃないんだし、頭脳労働においての体力差って、男女であまり感じないわねぇ。

頭脳労働で必要なのは、折れない心よ!!!上司にダメ出しされてされてされて、自分の価値を見いだせなくなって、病んでいくのは男も女も変わらないわ。割合でいえば、男のほうが多いかもしれないわね!!

 

結論っ!

男子・女子の体力差は全く関係ない。

関係あるのはメンタルタフネス!!

 


Q68. やっぱり男子のほうが優遇されてるなって瞬間ありますか?あるなら、どんなときですか?


女子は、男はいいわねぇ、、、とため息をつき、

男子は、女はいいよな、、、と息を吐く。

隣の芝は青くみえるものよね。

どちらかというと、近年は女子のほうが優遇されているのじゃないかしら。グローバルカンパニーとしては女性管理職を増やしたいと思ってるものの、なかなか増えないという現状。しかもBCG全体でみたとき、日本オフィスは特に女性管理職の割合が少ないから、大切に育てたいっていう気持ちを感じたわ。

 

一方、男性のほうが気楽でいいなあと思うのは、女性コンサルタントと働くのにあまり慣れてない/好きではない上司と働くときくらいかしらね。クライアント、プロジェクトチーム、双方男性が比較的多いプロジェクトばかりやっていた無骨系上司は、女性メンバーが入ってくると、少し手に余っていうように見えたわ。そんな気を使ってくれなくていいのに。。むしろ居心地悪くなっちゃう、って思ったわね。

あと、ストレートに「俺、女と働くのいやなんだよね」って言ってた上司もいたわ。はぁ、そうなんですか。大変ですね^^ってかる~く流しちゃったけど!

 

女性のみなさん、キャリアを築くにはとってもいい時代よ!

臆せずガンガンいっちゃっていいわよ!!

 


Q69. 仕事、私生活で、女性であるメリットはなんですか?仕事、私生活で女性であるデメリットはなんですか?


あんまりコンサル関係ない質問ね!そういうのもウェルカムよ~!

実はわたし、どちらかというと男性っぽい頭みたいで、女性であることに違和感を感じるくらいなの。だから上手く答えられるかわからないけど!

 

仕事でのメリット・デメリットは、あくまでコンサルファームでの話ということで聞いてちょうだいね!

 

仕事においては、可愛がられやすいってところだと思うわね。女性って、男性より空気を読もうとする力が強いと思うの。コミュニケーション重視型、というか。そのせいか、ぶっきらぼうな人が男性より少なくて、結果女性って可愛がられやすい性質かなって思うわね。

あとは今の時代、女性の社会進出のロールモデルが求められていて、厚遇されやすいという点かしらね。もちろん、まだまだそうでないところも多いと思うけど!

 

私生活では、、、何かしらー!!女性が得られるメリットって、わたし得られてない気がするわ!!(泣)

そうね、男性が多い趣味の場では女性プレイヤー、というだけですごくありがたがられるところかしら…!趣味がゲーム、囲碁、スノボとかだから、割りと参加するだけで喜ばれるのは嬉しいわね。

 

一方デメリット。

仕事のほうはあまり思い当たらないのよねぇ。深夜まで続くような働き方だと、お肌にダメージがあって、お肌のダメージは男性よりも深刻である、ということかしらね。きっと妊娠・出産したらまた意見が違うと思うわ。

 

私生活では、やっぱり結婚に対する圧力が男性よりも強く、かつ早い段階で訪れるということかしら。女性は妊娠・出産にタイムリミットがあるから。良い人に出会えないなら、無理しなくていいやと考えるわたしみたいなタイプだとその圧力をスルー出来るけど、すごく気にしちゃう人もいるわよね。一方30代後半になっても、そこまでプレッシャーがない男性はうらやましいなぁと素直に思うわ!

 


Q70. 女性コンサルタントとして困難を感じた経験は?反対に、得意だと感じたことは?


女性コンサルタントとして困難を感じたこと、実はあんまりないの。女性の一大イベントである妊娠・出産を経験してないからかもしれないけど。

よく女性は体力が、、、と言うけど、なにもフルマラソンするわけじゃないわ。思考における体力に男女差はあまり感じないわね。

女性コンサルタントを扱うのが苦手な上司と働くときだけは気をつかうけれども、まあ人間関係の範疇だわね。体育会系の上司が苦手な文化系の男の人もいるだろうし。

 

得意と感じたのは、可愛がられやすいって点かしら!上司だろうが、お客さまだろうが、かわいいやつと思ってもらえたら、最低限の仕事の範囲を越えていろんな話を聞かせてくれたり、手を貸してくれたりするの!男性ももちろん、可愛がられる人はたくさんいると思うのだけど、ぶっきらぼうな人も多くてもったいないわぁって思うわ。

 

あ!でも、部下には舐められやすいかもしれないわね。。。わたしが叱っても、全く怖くないって言われたことがあるもの!!

まあ、怖がらせたいわけじゃないのだけど、なんか腑に落ちないわ!