本のご紹介 #022

~はじめて考えるときのように~


★はじめて考えるときのように★

野矢 茂樹 (著)

     

この本は、読みずらい人もいらっしゃるかも

しれませんがご賞味いただきたい、名著です。

 

私がもっとも愛する本

 

「ライトついてますか?」

 

に通ずる、素敵な本。

 

 

1頁めくれば、もう虜になることでしょう。

 

「招待状」と称して、こんな素敵な

メッセージが綴られている。

  

  

「考えるということは、それは余白の運動です。」

 

 

痺れます。まずは、書店で、手に取ってください。



Facebookで連載中!

「考えるボン(本)」「考えないボン(本)」はFacebookで順次ご紹介しております。