本のご紹介 #035

~可変思考~


可変思考

広中 平祐(著)

 

広中平祐さんがすごい人だと言うことを、きっとご存じないだろう。

 

1970年、39歳の時に「フィールズ賞」をとった、バケモンである。

 

フィールズ賞とは、

 

若い数学者のすぐれた業績を顕彰し、その後の研究を励ますことを目的に、カナダ人数学者ジョン・チャールズ・フィールズの提唱によって1936年に作られた賞

 

のことである。

 

他にも、

1975年に文化勲章受章。

1992年にはハーバード大学名誉教授に就任されている。

 

久しぶりと言ったらなんだが、

 

天才数学者が、地上までおりたち、物凄くわかり易く書いてくれた本。

  

はぁ、天才。



Facebookで連載中!

「考えるボン(本)」「考えないボン(本)」はFacebookで順次ご紹介しております。