考えるボン#061-

「考える力」を鍛えるに相応しいモノを 

“週3冊”を読み続けて10年超、その中で「考えるチカラ」を鍛えるに相応しい、その名も「考えるボン(本)」をご紹介します。

 


#61 週刊文春 編集長の仕事術

文集砲 で世間を賑わし、きっと、すごいひとが編集長なんだろうな~と思っていたけど、“なんか、違う意味で” スゴイ方だった。

 

仕事の仕方を教えてくれていますが、

 

「お~たしかに、たしかに!」

 

と目から鱗的なのもいくつもあり、さらっと読めるので、ぜひ、読んでみてほしいです。

 

講演とか、引退したあとやってほしい。


 


#62 神・時間術

樺沢 紫苑(著)

 

発売2週間で、売れに売れて、1.5万部の大増刷。

人の4倍仕事をして、2倍遊ぶ――。神がかった時間術! ! 

 

ビックリするほど、この人賢すぎ。

 

時間帯によるパフォーマンスの違い=午前中は午後の4倍など、明日から実践します。

 

24時間を、48時間に。

 

ご賞味あれ!


 


#63 好きなことだけで生きていく。

堀江貴文(著)

 

やはり、好きだ。

最近、ますます好きだ。

 

”小利口が一番厄介”

 

リスクを無駄に考え、

動かない。この、コリコウ。

 

好きなことだけで

生きていく。

 

わたしもBCGにいた5年前より、好きなことだけして生きている。

 

みんなに、考える力を教える”考えるエンジン講座”を届ける。

 

昔より、

”仕事、好きですよね~”

 

”仕事、楽しそうですよね~”

 

と、言われることが増えた。

無邪気にそんな言葉をいただくが、、、、、

 

しかし、日々、不安に襲われている。

 

そんなとき、ホリエモンの本を読む。

 

まさに、本で書いてある通り、背中を押してくれる。

 

ご賞味あれ。


 


#64 THINK WILD

THINK WILD あなたの成功を阻むすべての難問を解決する 

リンダ・ロッテンバーグ (著), 江口 泰子 (翻訳)

 

もし、まわりの人から「クレイジー」と言われていないのなら、あなたには、”まだまだ大きく考えていない”ということだ。

 

 

この言葉。

ビジネスフォーパンクス!に繋がる、良本。

 

 

ご賞味、あれ。


 


#65. 「好きなことだけやって生きていく」という提案

皆さんもお感じではないだろうか?

 

  • ビジネス・フォー・パンクス
  • 魔法のコンパス 道なき道の歩き方
  • 多動力

 

を、読んだ方は、もうお気づきかと思いますが、もはや、時代はこういうことなんだな。と、感じておられるのではないだろうか。

 

そんな中、8月3日に出版されたのが、TBSディレクターだった「角田陽一郎」さんの本。

 

先ほどご紹介した本に通ずる話が、ごろっと書かれている。

 

”人がおもしろいと思ったものは、とりあえずポチる”

 

ほんと、刺さることばがごろっと。

 

ご賞味あれ。


 


#66. 頭に来てもアホとは戦うな!

「頭に来てもアホとは戦うな!」

 

冒頭にこうある

”自分に、こう問いかけてみてほしい。怒りや悩みで時間を無駄にしていないか?”

 

正直、涙が込み上げた。

半年前にこの本に出合いたかったと。

この本は、今の自分にぴったりの本だった。

この本に出会い、改めて、読書の大切さを感じました。

さぁ、みんなも、読書しよう。


 


#67. 仮想通貨ブロックチェーン&プログラミング入門

仮想通貨ブロックチェーン&

プログラミング入門

(著者:玉蔵)

 

テクノロジー好きになろう。

無理やりなるしかもうないのだ。

避けてはいられないのだから、強引にでも理解できるよう心がけるしかない。

ということで、この本はそんな方におすすめな本である

さぁ、一緒に、勉強しはじめよう。

 

 


 


#68. 私の財産告白

本多 静六  (著)

 

深い。本当に深い。

 

お金についての本って結構、当たり!ボンが少ない。

 

その中で、本当に思考!が詰まった途轍もなく良い本。

 

皆さん、ご賞味あれ。


 


#69. パリのすてきなおじさん

金井 真紀 (著),‎ 広岡 裕児  (監修)

 

まず、本当に今の自分に必要な本でした。

 

社員から進められて、読みましたが、当たり!すぎてビビります。

 

”静かな心でいれば、強くなれる”

 

です。ぜったい、よむべし。

 


 


#70. ザ・レトリック

今年1番の本になるかもしれない。

 

いや、ここ数年で1番になるかもしれない本のお出ましです。

 

早く読みたかった!と思ったら、発売は4月9日になっているので、かなり早く、日本語でいえばだが、読めた。

 

これは幸せだ。

 

皆さんもこの喜びを。

 

すんげー厚いんだけど、まじでおすすめ。

 

ご賞味あれ。