「話し方が整ってない」スクリプト

実際の面接官と候補者のやり取りです。

ローランドベルガーの鋭い面接官との生々しい対話を通し、「自分ならどう話せるかな?」「この候補者の話し方どうかな?」と、噛みしめながら、お読みください。


面:商社に入ったきっかけは?

 

受:新卒では、コンサルも見ていた。共通する軸としてプレッシャーのある環境で、成長したいということ。商社については、グローバルな環境で仕事をしたいということ。またこれは面接では言わなかったが、国の礎を築くことに貢献したいと言う思いも持っていた。

 

面:その中でも、化学品については希望された配属でしょうか?

 

受:元々は先ほど申し上げた国の礎を築くことに貢献したいという点からインフラ志望でしたが、化学品もやってみると切った張ったの商売ができるので、個人として成長できる良いビジネスだと思っている。

 

面:4 年間営業としてやられているんですね。中国には志望されて来たのだと思うのですが、どういう経緯ですか?

 

受:元々はシンガポール配属予定であったが、中国に唯一の投資先があり、重要マーケットということで選択肢に上がった。可能なら是非、と希望したところ配属された。

 

面:最初の東京での 4 年間の経験(知識・知見)が、中国の仕事にどう活きたと思いますか?

 

受:最初の 4 年間では違う商品を商社という観点で扱っていたので、自分が出向した際にメーカーの方とは違う点を持って貢献が出来たと思う。はじめはお客さん扱いだったが色々新しい提案を出来たと思う。

 

面:中国で身についたものは?

 

受:2 つあります。東京にいたときは、大企業の看板で仕事をしており、キャッシュフローなど意識することはなかった

が、事業会社に出向して会社全体の動きがわかりました。あともう 1 つは最初もお伝えしましたが、中国に来て、外様ということで、重要な仕事も任せられないし情報もあまり共有されないという環境で、如何に関係構築していくかというところ。社内でも対顧客と言う意味でも、苦労しましたが非常に学びがありました。

 

面:色々なところで活躍すると言うオプションがあると思うんですが、その中でコンサルティングファームを何故志望していますか?

 

受:そうですね、1 言でいうと、あるきっかけがあり、もう少し高い視座・幅広い視点から企業の役に立ちたいと思っています。そのきっかけについて説明させていただきます。少し長くなりますが、なるべく早口で説明しますね。

私が今所属している事業会社は、業績不振でお金を追加で出資しないと潰れると言う局面があり、営業部隊の代表の 1 人として分析業務に従事しました。その時に感じたことは2つありまして、1 つはその仕事が全く苦痛に感じなかったと言うこと。二週間毎日 18 時間ほど働いたのですが、その分析はわたしにとっては全く苦痛に感じず、何故かと考えてみたら、ある意味で会社の岐路、そこで自分がその一翼を担えているということにワクワクしていたので     はないかなと。もう1つは、本部長に呼び出されたときのことです。何かなと思って部屋に行ったら、「山田、ようやってくれたな。色々迷いもあったけど、おかげさまで進むべき道、やるべきことがわかり安心して前に進めるわ。」ととてもほっとした表情でおっしゃられたんです。その時に、今振り返ると当たり前の話かもしれないですが、マネジメ     ント層が日々巨額の意思決定を迫られており、でも、すべて自分でじっくりと分析できるわけでもないと言う環境にいること、また、如何に日々マネジメントが悩んでいるかと言うことを実感し、それに対して貢献できたことが非常に嬉しかった。それが改めてコンサルティングワークに対して興味を持ったきっかけです。

 

面:コンサルタントして、もしくはコンサルタントになったときにどんなことをやっていたいですか?どんなことというのは短期的でも良いですし、どこかの業界でも結構です。

 

受:そうですね、例えば業界軸としてもし一つを選ばなければならないとしたら AI 業界です。最前線の中国にいますので、興味をもち勉強もしています。但し、AI 業界に絞りたいという意味ではなく、あくまでオプションとしてそういった業界に携わることが出来たら嬉しいという意味です。むしろ初めの数年はどんな業界のどんなタイプの案件にも挑戦し、ど     んな案件に対しても価値を発揮できるコンサルタントになりたいです。その後で何らかの軸で専門領域を絞りたいと考えています。

 

面:それが 1 年後でも、8 年後でも良いのですが、特に何か、っていうのは今のところなさそうと言うことでよろしいですか?

 

受:具体的なゴールというですか? 面:産業軸でもなんでもいいのですが、どんな状態になっている、とかいうことです。そういう意味ですと、2-3 年後には、名指しで感謝され、例えばリピート案件の際の意思決定のところに自分の名前や功績が入っていると言う状態になっていたいと思います。


 

ほんと、話し方は大事ですよね。