コンサルとは

コンサルタントとは BCGでの8年間コンサルタント経験からコンサルタントについてご案内します

BCGで8年過ごした私がコンサルタントについてご案内します

僕も2005年にBCGに入社する前は

 

コンサルタントってなんか、カッコいい

 

くらいしか、知らなった。

本当に、入るまで分からないことだらけなので、少しでも皆さんに、コンサル業界、コンサルタントが分かってもらえるように、自分のコンサルライフを振り返る形で、書いたコンサルQ&Aをお読みください。

 

2005年~2013年の体験なので、少し変わっている部分もありますが、それでも、面白く、読めると思います。

コンサル99と並ぶ、人気コンテンツになっているのが、BCG時代に、僕と一緒に働いてくれた、新卒&女子品川さんのコラム。こちらも、長編となっておりますが、皆さんに楽しんでもらえる形で書いておりますので、是非!

 

コンサルQ&Aはこちら

新卒コンサルの道はこちら


 

読んで頂き、チャレンジしてみたい!と思われた方は、次の3つをやってみると、より、コンサルを目指すか?をリアルに考えられるかと思います。


① 考えるボンを読んでみる

コンサルタントは「考える」のがお仕事。ですので、考えることが好きか?どうか?も大事。決して、得意かどうかではありません。そのリトマス試験紙として、「ライトついてますか?」を読んでみましょう。

この本は訳されたのが昔なので、読みにくいですが、良書ですので、是非とも読んでもらいたい。


それ以外にも100冊ほど、「考えるボン」を載せていますので、気になった本を読んでみてください。

読むなかで、「これオモロイ!」と思った方は ぜひ、コンサルを目指してほしいです。

考えるボン(本)

~「考えるチカラ」を鍛えるに相応しいモノを~ 

“週3冊”を読み続けて10年超、その中で「考えるチカラ」を鍛えるに相応しい、その名も「考えるボン(本)」をご紹介。


② 実際のケース面接のやり取り(スクリプト)を読む

実際のケース面接のやり取りを読んでみると、ケース面接の雰囲気も分かりますが、「え?こんな楽しい議論できちゃうの?」 

と感じられます。そう感じられたら、ぜひ、コンサルを目指してほしいです。

 

③ 考えるエンジン講座「無料相談」へ是非

僕に会えば、分かりますが、Tシャツ姿でカジュアルにコンサル業界や、ケース対策についてもですが、それ以上の「キャリア」ついて、ざっくばらんに話しますので、是非、一度、問い合わせてみてください。色々話しましょう。

  • 生徒が千人以上コンサルで働いており、
  • 弟は元マッキンゼー、従弟はIGPI(+元ローランドベルガー)
  • そして、年間500人+エージェントで100人+とお話していますから、

 と世の中で一番、僕がコンサルのこと詳しいと思いますよ。