ケース面接対策~知っておくべき8つの例題~


コンサルティングファームの選考で実施されるケース面接では、「実際にどのようなケース問題が出るのか?」をご紹介。

ここに紹介する8つの例題に「コンサルタントとして活躍できる人材」であることを証明できるような答えを導き出し、それをきちんと伝えられるようになればケース面接を突破できるだけでなく、コンサルタントになった後にも間違いなく活躍できる。

 

その前に、こちらもぜひこちらも参考にしていただきたい。


ケース問題99~デビルはこう考えている!

過去5年間のコンサル転職で出題された問題をご紹介しますので、実践演習に是非、役立てて頂ければと思います。
※問題ごとに動画&スライド解説している「悪魔のケース解説&動画」もあります!


戦略コンサルタントとは?

コンサルQ&A

~コンサルへの道 99~


どんな本を読めば、考える力を鍛えられるのか?

  • 考えるボン/戦略コンサルタント転職必読書


まずは、ケース面接対策を進める上で、必ず意識してほしいことを3つお伝えしたい。これを意識しなければ自分がケース面接対策をしているつもりでも、その対策は100%無駄になる。

 

  1. ケース面接「だけ」のための対策は「絶対に」しない
    • 想像してほしい、それだけで受かるのであれば、コンサルタントへの転職における合格率が「5%」と言われることは無い。採用するコンサルティングファームもバカじゃない。きちんとコンサルタントとして必要な「考える力」を持っているのか?を見ている。
       
  2. コンサルタントとして必要となる「考える力」「話し方」を鍛える
    • 想像してほしい、本来コンサルタントとして持っているべき「考える力」がないまま奇跡的にケース面接を突破し、転職したはいいが、「全然、パフォームできずに、”クビになるかも。。。” と、落ち着かない」「・・・どころか、カラダも心もボロ雑巾」な自分の姿を。
    • 「入社しなきゃ意味がない!」という理論はわかるけど、みなさんにとって「コンサルタントは数多くある職業の選択肢の一つ!」だから、活躍できないなら、他で活躍できる場は腐るほどあるのだ。
       
  3. 上記2つを踏まえた上で、少しでも選考突破の確率を上げるために「ケース面接ではどんな問題で、“考える力”を測るのか?」を 知っておくことは “損では無い” 程度と心得る
    • 考えるエンジン講座の受講生の中にも「考えるエンジン講座を受けなくても(=コンサルタントとして必要な「考える力」がなくても)学歴や前職の経験を踏まえれば受かっただろうな!」と思う方はいるし、それは私も常々受講生に言っている。
    • ケース面接に出てくる問題は「実際のコンサルタントが直面する課題」を簡易化したもの。だからこそ、「真剣にケース面接対策をすること」=「コンサルタントとしての考え方を身に付けること」なので長期的に意味があると捉える。

この3つのことを意識していれば、「対策」をする意味はある。前置きが長くなりましたが、「どんな問題で、“考える力”を測るのか?」をご紹介することとしよう。


ケース面接対策 | 知っておくべき8つの例題

以下の8つの例題は、ケース面接で知っておくべき問題を全て、「水族館関連」で整理したものである。

  • ちなみにケース面接は2つのスタイルがある
  1. 5分~15分間、前もって時間を与えてから、始める場合
  2. 話しながら議論しましょうと、ケース問題を与えられる場合
  1. フェルミ推定
    =「市場規模はどのくらい?」

    面接官:では、日本の水族館の市場規模を推定してください。5分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。15分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
     
  2. 売上2倍に
    =「売上を2倍にしてもらっていい?」


    面接官:では、ある都内の昔からある水族館の売上を2倍にする方法を考えてください。10分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。20分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
     
  3. フェルミ推定&売上2倍
    =「フェルミ推定からの!売上2倍に。」


    面接官:では、日本の水族館の市場規模を推定してください。5分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。15分~

    面接官:なるほど。。。フェルミ―推定はこれくらいにしましょう。では、ある都内の昔からある水族館の売上を2倍にする方法を考えてください。10分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。20分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
     
  4. クライアント先の社長からの相談
    =「ちょっと相談させてもらっていい?」


     面接官:では、水族館のオーナーから、“目玉魚がないから、ドラゴンフィッシュなどを入れたいと思うけど、どう思う?“ と相談を受けました。あなたならどう相談にのりますか?10分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。20分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
     
  5.  オプションX or Y
    =「どっちがスジ良いわけ?」


    面接官:では、水族館向けの“水処理システム”の会社の社長からの質問。今、岐路に立っています。旧型(100万円)、新型(500万円)があり、どちらに特化すべき?10分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。10分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
      
  6. 新規事業
    =「なんか、新しい事業ない?」


    面接官:では、水族館の新しいサービスを考えてください。10分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。20分~

    面接官:なるほど。このくらいにしましょう。では、そのサービスはどのくらいの売上を見込めるか推定してください。5分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。10分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
     
  7. How を問う
    =「どう検討するのさ?」


    面接官:では、水族館にいる、鑑賞用の魚が100種類を超えています。館長が変わり、“種類を減らせ!集約化しなさい”という指示が下りました。あなたなら、どう検討していきますか?10分で。

    ~面接官と候補者のやりとり。20分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。
     
  8. 示唆を問う
    =「ねぇ、何が言える?」


    面接官:では、ある水族館に関する資料3枚から、言えることを言ってください。時間をとらず、思いつくことから言っていくスタイルにしましょう

    ~面接官と候補者のやりとり。20分~

    面接官:では、本日の面接はこれで終わりにします。

以上が、コンサルティングファームのケース面接で出題される典型的な問題である。

 

上記8つの例題の中に出てくる「面接官と候補者のやりとり」の部分をどう答えるか?、すなわちケース面接の対策をどうするか?であるが、方法は3つある。

 


(参考) 実際に候補者がどんなやりとりをしたか?をご紹介しています。


 

  1. 「考えるエンジン for 戦略コンサル」を受け、コンサルタントとしてパフォームするために「考える力」を鍛える道中で、ケース対策をきっちりやる
    (投資額:13.8万円)
  2.  本を、読んで、読んで、読みまくって、自ら対策する
    (投資額:約5万~10万円)
    • 「考えるボンッ」「戦略コンサルタント転職必読書」を中心に本を読む。私が2005年にBCGのケース面接に向けては「50冊」以上本を読みました
    • 但し、ケース面接を突破し、めでたくコンサルタントになったはいいが、コンサルタントになってからの道中は非常に険しいものでした。
      ※ 詳しくは 戦略コンサルタントとは?~コンサルへの道99~ へ
  3.  なにもしない
    (投資額:0円)
    • 目をつぶってジャンプ!

最後に。。。

コンサルタントになるためのケース面接対策について述べましたが、忘れてはいけないのは「コンサルティングファームの選考を突破した自分」の先にいる「コンサルタントになった自分」のことを想像すること。

「意味のある対策」をして、たった5%の確率を突破し、さらにコンサルタントになったみなさんが “ボロ雑巾“ にならないために「考えるエンジン講座」が貢献しています。



251MEDIAにスライドとなって登場!

一気読みするならこちらをクリック