ケース問題99②(ケース21-40)

デビルはこう考えている!


目次

 


ケース21「コインランドリー参入問題」

難解!!!というか、大きな罠が存在している、途轍もなく、良問!

皆さんの考える力試しにぜひ!

 


ケース22「ヤクルトスワローズ問題」

スタンダードな問題形式、かつ、テーマしやすいスポーツをテーマにした良問。

 


ケース23「PCMO問題」

ファイナンス知識を問うているようで、きっちり頭の使い方を見ている良問中の良問。

 


ケース24「地方創生問題」

「地方創生」というテーマ。

頻出とは言えないが、この手の問題は一度解いておくと良い。

 


ケース25「仏スーパー問題」

売上2倍問題と異なるが、ちょいちょいケース面接で出題される形式。

感覚的にはマッキンゼーっぽい問題。

 


ケース26「紀伊国屋問題」

昔、高田馬場に「キノコノクニヤ」という、古本屋さんがあったのを思い出しました。

ネーミングセンスが最高ですよね。紀伊国屋と掛けて、キノコノクニヤ。

 


ケース27「漫画喫茶問題」

良問中の良問。この問題を「パシッと」答えられたら、 コンサルに受かる!と言っても過言ではない。

 


ケース28「フィギアスケート問題」

100回に1回くらい見かけるのが、この形式。

実際に起こったことの「WHY?」を考えさせられる問題。

 


ケース29「虎ノ門ヒルズ問題」

ドリームインキュベーターで出題された、トリッキーな問題の一つ。

でも、こういうのを楽しめる人こそ、コンサルともいえる問題。

 


ケース30「サッカーボール問題」

ベタ中のベタの問題。
だけに、この問題を出されると、意外と緊張感が高まるかもしれない。

 


ケース31「アイスクリーム問題」

典型的なフェルミ推定。

しかし、企業の売上推定はコンサルになっても使うので、やってみましょう。

 


ケース32「続アイスクリーム問題」

ローランドベルガーの問題。

アイスクリームの問題って意外と出題される印象。

そういえば、アイスクリームが主食の天才コンサルタントがBCGにもいたなぁと思いだした良問。

 


ケース33「カフェ市場規模推定問題」

良問!ピンと来やすいし、具体的に考える力も問える、さすが、ローランドベルカ―の問題。

 


ケース34「目薬問題問題」

良問中の良問。目薬という分かりやすいモノを出してくれるのが、ケース面接。

これは対策しておきたい。

 


ケース35「ネットフリックス問題」

うちのエージェントでも対策にも使っている問題。

とうことで、良問です。

 


ケース36「医療費問題」

この問題は正直、解説は書きたくないくらい、私は興味が全くない。

けど、この問題を出す面接官の顔がみたい。

 

 


ケース37「経営書問題」

コンサルに向いているか?を判断できる良問。

なんか、推定してみたくなりませんか?笑

 


ケース38「家電リアルVSネット通販問題」

これは、他の問題にも応用可能な、「ネットVSリアル」という構図なので、絶対に解いておきたい問題。

 


ケース39「あなたは読書家問題」

さっき「ビジネス書」っていうのがあったので、今度は「小説」。

これも考えやすいので、ケース面接問題としてはかなり、いい問題。

 


ケース40「続あなたは読書家問題」

フェルミ推定からの売上2倍問題。

ただの売上2倍問題とは異なる頭の使い方が必要です。