ケース問題99~デビルはこう考えている!

過去5年(千人以上)、戦略コンサルへの転職を目指す皆さんに「考えるエンジン講座」を提供し、戦略コンサル内定に導いてきました。


少し自慢をすると、私の愛するBCG20179月入社30名のうち、12名が「私の弟子(生徒)」であったほど…

(すごいでしょ?)

 

また、それ以上に嬉しいのはその中の生徒から、入社して最初のプロジェクトで「スライドは書けないけど、論点はわかっているんだね」とマネージャーから言われ、なおかつ、最初のケースから「評価"2"(5段階で上から2つ目で、最初のケースとしては実質最高評価)」を貰ったという報告を先日受けました。

と「考えるエンジン講座」はケース面接を突破するためだけではなく、その先のコンサルライフにも爆発的な威力を発揮する武器となります。

武器に例えると恐ろしくなってしまいますが、武器を持っても、ちゃんと使わないと、身につかない。
考える力も同じ。「考えるエンジン」や「考えるボン」で学んだとしても、ちゃんと使わないと身につかない。

 

ので、過去5年間のコンサル転職で出題された問題をご紹介しますので、実践演習に是非、役立てて頂ければと思います。

  

まず、どれでも良いので問題を解いてみましょう。
うまく解けるものもあれば、解けないものもあると思います。

 

解けないものについては、問題ごとに動画&スライド解説している「悪魔のケース解説&動画」がありますので、是非、ご購入頂ければ幸いです。

 

「悪魔のケース解説&動画」では私が実際に解いた場合、どのような思考プロセスを通るのか?を「デビルロード」と題して、解説しています。


答えが無い問題を解く上で、大事なのは、もちろん思考プロセス。
思考プロセスをセクシーにして、ケース面接を突破しましょう。

 

念のためにお伝えしますと、コンサル面接では「その問題の答え」以上に「その問題の取り組み方≒思考プロセス」で合否が決まります。

 

では、どんな問題が出題されているか?見ていくことにしましょう。

 


ご紹介動画


目次


ケース01「カインズ問題」

伝統的な問題「売上2倍ケース」。

どこのファームを受けるにしろ、マスターしておきたいのが「カインズ問題」

「ケース問題99」シリーズをやるなら、ここから必ず!


ケース02「スギ花粉問題」

ケース面接の中でも「応用問題」であり、この問題を出題した面接官に惚れるほど、「思考の深さ」が分かる良問。


ケース03「教習所問題」

カインズ問題に続き、典型的な「売上2倍」問題。

身近なテーマでケースを対策するのが一番良い。

カインズでの学びをフルに活かし、手ごたえを感じられるか?


ケース04「福山雅治ギャラ問題」

フェルミ推定は絶対に理解しきらないと戦略ファームには受からない。

そのフェルミの中でも「なるほど、こうやって解くのね」と分かる問題がこの問題。

「考えるエンジン講座」でしかやらなった問題を本邦初公開!


ケース05「QBハウス問題」

今回は売上ではなく「利益2倍」問題。

基本的には売上ベースが多いが、コンサル転職のケース面接において10回やれば、一度は当たるのが利益問題。


ケース06「定員割れ大学問題」

ピンとくる問題で思考トレーニングするのが一番。

その点、この問題を一度解くことで、自分の思考力の有無が見えます。

解いてみて、誰かに読ませたくならなければ、思考力は無いということ。


ケース07「化粧品問題」

通常の売上や利益をあげてください!問題ではなく、「どのように考えますか?」という問題。

正直、私が面接官なら、この問題を出したい。


ケース08「牛乳宅配問題」

BCGやアクセンチュアに見られる「A4資料配布」からのケース面接を解いてみましょう。

ケース1~7とは「頭の使い方」が少し違ってきます。


ケース09「ビジネスパーソン2.0問題」

パッと見ると解けそう。でも、解けない。。。。

そんな問題をご用意しました。

この問題を「自分の会社」に置き換えてみても面白いかもしれない。


ケース10「打倒セブン問題」

ケースでテーマになりがちな身近な「コンビニ」

ということで、一度、対策しておいても損はない。

 


ケース11「映画館問題」

「身近な」〇〇はベインでよく出る形式。

そして、典型的なパターン「フェルミ推定からの2倍」問題。

これはマスターしておきましょう。

 


ケース12「身近なコンビニ」

「身近な」〇〇シリーズ第二弾。

そして、コンビニは題材にされることがめちゃくちゃ多いので、ココは一度、解いておきましょう

 


ケース13「結婚指輪問題」

フェルミ推定は対策して損はない。

今回は結婚指輪。考えてみると面白いし、思考の深さが反映される途轍もなく良問。

 


ケース14「中古車問題」

頻度的には少ないんだけど、抑えておきたいのが「利益アップ」問題。

売上アップ問題よりもトラップが多いので、対策しておきましょう。

 


ケース15「漫画喫茶問題」

良問中の良問。この問題を「パシッと」答えられたら、 コンサルに受かる!と言っても過言ではない。

 


ケース16「LINE問題」

よくあるパターンではないが、たまに、「新規事業」っぽいケースが出ることがある。

この問題もその「頭の使い方」をトレーニングできるので、お勧めだ。

 


ケース17「大学ゴミ問題」

「こういう問題ほど、差が出る」

誰にとっても想像しやすいテーマだからこそ、「リアルに考えられるか?」に差がでるのだ。

 


ケース18「チケット転売問題」

話題になった「転売問題」

ホットトピックだから、載せているわけではありません。

この問題の「論点」わかりますか?

 


ケース19「料理教室問題」

一行問題ではなく、少し材料ももらえる問題。

この問題のほうが、100倍考えやすい。

けど、解くコツは存在します。